LOG IN

完璧なポップスたち

by ライスには塩を

だいぶ古びてきた人間なので、なつかしい歌が好きだ。

そもそも詳しいほうではない。気が向けば聞く程度、怠惰なリスナーだと思う。それでも、完璧だと思っている音楽(ポップス)がいくつかある。

はじまりはいつも雨」(ASKA)は、なんだか恋そのものだ。


この歌には、愛は含まれていない。誠実さはポッチリ、優しさは小さじ1くらいかな。未来も過去もない、甘い心をただカタチにしたもの。

ASKAが歌うのも悪くないけど、EXILEのATSUSHIによるカバーバージョンのほうが、私は好き。軽くて王道なボイスが似合うと思う。

sprits of love」(sing like talking)も好き。というか、佐藤竹善が好きなんだけど。


もう理由はないのよ!佐藤竹善の声が好きなんだもん。ちょっとだけハスキーで、でも少年みたいで、音程がぴったりで。握力がハンパなくて、どこか不遜な感じもあって。

聞いていると、わけもなく元気になれる。

全力少年」(スキマスイッチ)は、もともとは夫が好んで聞いていた。

夫が好きだから好きになった!っていう事柄は、今のところ一つもないのだが(笑)。この曲はたまたま、いい感じに琴線に触れた。実はすごくテクニカルな楽曲なんですよね、だからカラオケで気軽に歌ったりが難しい。でも、聞いていてアガります。

」(中島みゆき)。

福山雅治バージョンがいいなあ、と思う。とくに2番が好き。

縦の糸はわたし
横の糸はあなた
織りなす布は いつか誰かの
傷をかばうかも しれない
中島みゆき

ライスには塩を
OTHER SNAPS