LOG IN

「現実味」って、ソレおいしいの?

by ライスには塩を

さて、質問です

Q.雨の日に、傘を置き忘れたことはありますか?

A.もちろん。

A.急いでると、どうしてもね~

A.誰だってよくあることよ

なるほど、なるほど。

お気に入りの傘ならまだ大丈夫だけれど、コンビニで購入した間に合わせの透明なアレはついつい…ですよね~。人間なら、誰だってうっかりしますしね。最近の日本は厳しすぎる!おおらかに行こう!

では、これならばどうでしょう?

Q.傘を忘れず持って帰れたこと、「人生で」10回以上ありますか?

すべてが消える超魔術・過集中

実は私、

【人生で傘を忘れず持ち帰った経験が、およそ10回に満たない】

そんな逸材なのであります。

自宅でふと「缶コーヒーが飲みたいな」と思いつき、ポッケに小銭だけ入れて。マンションのエレベーターに、フットワーク軽く乗ったとして。

突然

「星野源が人気らしいな」

と思いついたとします。

私は全く我慢できません。急いでスマホを取り出し(いつ何時も携帯する中毒ofスマホ)、星野源をグーグル検索します。

うわー、たたずまいが良いよな星野源って。アルバム今度借りてこようかな、あっ全国ツアーやってるじゃん!なんだって、瞬時にチケット売り切れとは…残念無念。才能あるんだなあ、何歳だっけ、ゲッ 私よりずっと年下かよ~頑張ってるなあ…

引用元:私の脳内

呆然とエレベーターを降りるも、頭の中は星野源でいっぱい。

視界に映るマンションのエントランスは、リアルな書き割りにすぎません。フラフラと道路へ出る間も、情報は洪水のようにiphoneから吸収され続けます。星野源、ホシノゲン…慣性でいつもの自動販売機前へ進み、ポッケの小銭をジャラジャラ取り出します。そして気づきます。

「あれ? 私、何買うんだっけ?」

首をひねりながら、どうしても思い出せず、何も買わずに家に戻るのです。

忘れん坊だよ我が人生

傘も缶コーヒーも、完全に実話です。

私はいつだって、ひとつのことしか考えられません。興味を引く何かが目に飛び込んでくると、脳内はそれ一色に染まり、他のものごと(重要度によらず)は全て邪魔者扱い。魔術のように消えてしまいます。傘とコーヒーのない、空想の世界へテレポーテーションしてしまっているようなものです。

きっと何かしらの診断をつけようと思ったら、簡単でしょう。

必要になったら、お医者様に書いてもらうことにしましょ。

そんなこんなで、現世に生きてるような生きてないような…どこかしらふわふわした、現実味のない人生を送っておる次第です。

OTHER SNAPS